ココマイスターの長財布が男性へのプレゼントに最適なわけ

プレゼント

二つ折りや三つ折の財布と比べると、長財布は高級感があり男性に好まれるタイプです。 ビジネスシーンでも活躍する長財布が欲しいという男性も多いのではないでしょうか?

ココマイスターの男性用革財布は、イタリアやイギリスをはじめ世界各国から上等な革素材を仕入れ、 日本の革職人たちの腕で1つ1つ作られたハンドメイド財布です。

贅沢な革に細部までこだわりぬいて作られた財布は正にプレゼント向きだと思います。 ビジネスシーンで大活躍間違いなしですから、父の日のプレゼントにもココマイスターの長財布は いかがでしょうか?

【目次】

1.ココマイスターの長財布が男性へのプレゼントに最適なわけ

1-1 ・ビジネスシーンで最適な長財布だから

1-2 ・ビジネスシーンでどんなところが人気?

1-3 ・高級感がありながら高価すぎないから

1-4 ・父の日に最適な長財布だから

1-5 ・父の日にはどんな財布が良い?

2.ココマイスターの長財布の選び方

2-1 ・シンプルな長財布の選び方

2-2 ・経年変化を楽しみたい人向けの財布の選び方

2-3 ・カジュアルシーンでも使える財布の選び方

3.ココマイスターのシリーズ【革の種類】

3-1 ・コードバン

3-2 ・ジョージブライドル

3-3 ・マルティーニ

3-4 ・ナポレオンカーフ

3-5 ・ブライドルレザー

3-6 ・ロゼクロコブレンターノ

3-7 ・マットーネ

3-8 ・パラティーナ

4.ココマイスターとはどのようなものづくりのブランドか

4-1 ・ココマイスターは日本人職人の手作り品

4-2 ・欠品が増加している?!

4-3 ・ココマイスターのロゴの意味は?

4-4 ・シンプルなデザインの特徴

4-5 ・ココマイスターの天然皮の魅力とは?

4-6 ・使えば使いこむほど味が出る

4-7 ・男性の魅力を引き立ててくれる財布づくり

4-8 ・シンプルイズベスト

4-9 ・年数が経つほど楽しみな長財布

4-10 ・革財布はなぜ手に馴染む?

4-11 ・革財布が馴染んでくる時期とは

4-12 ・普段使い用でも人気な長財布とは

4-13 ・ココマイスターの永久保証内容とは?

5.ココマイスターの長財布のメンテナンス方法について

5-1 ・革製品は毎日のお手入れが理想的

5-2 ・革製品が汚れたら

5-3 ・ココマイスターの財布は一生もの?

5-4 ・日頃のメンテナンスも必要

5-5 ・汚れやカビの予防策

5-6 ・ヌメ革の汚れの除去方法

5-7 ・防水材の正しい選び方

5-8 ・防水材の使い方

5-9 ・高級感を与えるためのツヤ出し

5-10 ・メンテナンス不要の財布がある?

5-11 ・本当にメンテナンス不要なのか

6.ココマイスターの長財布の正しい使い方について

6-1 ・お尻ポケットに財布を入れると傷みやすい?

6-2 ・小銭やレシートが多いと傷みやすい?

6-3 ・小銭が多い長財布が痛む理由とは

6-4 ・財布は使い分けが重要?

7 ・まとめ

ビジネスシーンで最適な長財布だから

ココマイスターの財布は今男性にとても人気で、使い始めて質の良さや使い勝手に惚れ込み 今はお洒落なお財布の最先端を走っています。

ココマイスターの長財布が人気の理由には、天然皮革で作られているところ、日本職人の手作り、価格がお手頃、 センスの良いシンプルなデザイン、エイジングが魅力的な部分です。

ココマイスターに惚れ込んだ人は、シンプルイズベストを好む男性が多いようです。 ブランドもデザインも派手すぎず調度良いと評判なのです。

ビジネスシーンでどんなところが人気?

他のブランドの男性用財布はそのブランド独自の特色を表すために少々デザインが派手目であったり ブランドのロゴマークが目立つ傾向にあります。

しかしココマイスターの長財布はロゴマークを主張しすぎずデザインもシンプルな長財布が多いので 使いやすいと評判なのです。

ブランド名もじっくり観察しないと分からない程度なので、そんなシンプルさや素朴さを兼ね備えた 高級感ある長財布はココマイスターだけではないでしょうか。

またシンプルだからこそビジネスシーンで役立つという最大のメリットがあり、毎日使いやすいデザインに 惚れ込む男性が増えているのです。

高級感がありながら高価すぎないから

ノーブランドの財布は嫌だけど高すぎるブランド財布も気が引けるという人もいると思います。 そんな人におすすめなのが、日本製の革財布のココマイスターの長財布です。

男性雑誌でも最近注目されているココマイスターですが、実際にお値段も2万円台のものがあったりと 手軽に購入できるアイテムも揃っています。

2万円台の革財布なら自分へのご褒美だったり、人へのプレゼント、就職祝いなどにプレゼントをしても 良い金額ではないでしょうか。 あまり高いブランドは買う気にならない人や、ちょっとした高級感あるプレゼントを贈りたい方には ココマイスターの長財布は丁度良いのです。

そして2万円台で購入できるおすすめの長財布と言えばブライドル・インペリアルウォレットでしょう。 こちらのお財布は28,000円で、ブライドルレザーを使用しており、内装はヌメ革、カラーもブラックや モスグリーン、ダークネイビー、キャメル、ボルドーワインなどが取り揃っているのです。

見た目もすっきりスマートなタイプですが中身は大容量なのでカード収納もばっちりです。 何と言ってもスーツとの相性も良いので男性にとってビジネスシーンで使えるお財布はポイントが 高いのではないでしょうか。

一番人気の長財布はこれ!

ココマイスターの中でも特にお手軽価格でデザインも良いと評判なのはマットーネラージウォレットです。 お値段も26,000円でマットーネを使用しており、カラーもオールドブラック、ブランデー、ビターチョコと シックで落ち着きのある色合いが揃っています。

ココマイスターでも一番人気な長財布であり、そのシンプルなデザインに惚れ込む男性も多く数ある デザインの中でもどの世代からも喜ばれているようです。

父の日に最適な長財布だから

ココマイスターの長財布は使い続けることで、経年変化によって革の色合いや風合いが変化し、 2度楽しめるようになっています。
上質な革だけを使った長財布を父の日のプレゼントに買って行かれる方も多いのだとか。

父の日に日頃の感謝の気持ちとして、長く使ってもらえる心のこもったプレゼントに向いているので 人気が高まっています。 特に本革の長財布と言えば使えば使う程財布に光沢が現れるので、レザーも柔らかくなり更に使いやすくなる という特徴があります。

ですからホンモノを熟知している50代〜60代の父の日にふさわしい高価で贅沢なプレゼントになると思います。

父の日にはどんな財布が良い?

ではどんな財布が父の日に向いているのでしょうか? 様々な種類のお財布がありますが、中でも最上級のラウンドファスナー長財布が人気のようです。

欧州最高級のクリスペルカーフ革を表裏に使ったとても貴重なお財布で、 外装・内装共にお洒落を楽しむことができます。

シンプルだけど存在感や高級感が圧倒的に群を抜くお財布なので、革製品を知り尽くしている方でも 喜んでもらえるはずです。 そんな高級感あふれる長財布はまさに父の日のプレゼントに最適な贈り物です。

ココマイスターの長財布の選び方

選ぶ

シンプルな長財布の選び方

どんな場面でも使うことのできる長財布ですが、実際に購入するとなったら何色を選んだら良いのか、どんなデザインが良いのか悩みますよね。 スーツに似合う色だったり、普段用なら少し派手な色でも良いですし選択肢は色々あります。

しかしどんな場面でも使いやすいタイプはやはりカラーもデザインもシンプルなものに限ります。 シンプルな財布は長年使っていても割と飽きもこないのでおすすめです。

スーツの胸ポケットにもしっかり入れられるサイズの財布だったり、 見た目は地味でも質の良い長財布を選ぶことでワンランク上の男性に変身できます。

経年変化を楽しみたい人向けの財布の選び方

やはり革の長財布をせっかく買うのならずっと使い続けることのできる財布を選びたいですよね。 しかし長く使える財布を探していても実際にどのような財布が長持ちするのか素人感覚ではイマイチ分からないものです。

ここでは経年変化を楽しみたい、数年使い込むことを意識した人向けの財布の選び方を紹介していきます。 長財布を長く使い込みたい人は経年変化を楽しみたいという人がほとんどだと思います。

その場合財布を選ぶのなら耐久性や耐摩擦抵抗に弱いとされるホースレザーは止めておきましょう。 例えば頑丈なブライドルレザーやコードバンの革財布を選ぶと失敗が少ないでしょう。

長く使いたい財布を選ぶ時には頑丈でしっかりと耐久性があり、傷が付きにくく、傷や汚れが付いてもすぐに回復しやすい革がおすすめです。

更に革質や質の高い財布、飽きのこないシンプルなタイプ、リペアをしてくれるお店、耐久性がある財布は絶対条件だと思います。 また質感で選びたい方は高級感と共に革が丈夫なナポレオンカーフなどがおすすめです。

カジュアルシーンでも使える財布の選び方

社会人になるとやはりビジネスシーンに使えるお財布選びをされる男性も多いと思います。 しかしいかにもビジネスマンのようなカッチリとした財布ではなく、カジュアルシーンでも使える 財布を選びたいという方もいるのではないでしょうか。

そこでカジュアルシーンでも活用できるココマイスターの長財布事情を調査してみました。 ココマイスターにはビジネスシーン以外でも普段から持てるようなカジュアルなスタイルに適した 皮革素材の長財布があります。

カジュアルスタイルに向いているのはヌメ革や、牛革の中でも表面にシボ加工がしてある革製品が良いそうです

。 ココマイスターのシリーズの中では男性のカジュアルスタイルに人気の植物タンニンとオイル加工が使われた パティーナや、シボ加工がされていて傷が目立たないマットーネが人気のようです。

カジュアルスタイルに適している財布ですし、ビジネスシーンと両立して使えるでしょう。

ココマイスターのシリーズ【革の種類】

革

ココマイスターでは最高級の革にこだわって、革の種類別にシリーズを展開しています。 シンプルで飽きがこないデザインを軸に、落ち着いた大人の男性にふさわしいカラー、形が充実しています。

コードバン

別名革の宝石、革のダイヤモンドと呼ばれている革の中でも高級皮革素材であるコードバン。

靴に使われる場合は数十万円しますが、もっとお手頃価格で手に入れたいのなら長財布がおすすめです。 そんな憧れのコードバンの長財布について調べてみました。

コードバンの特徴とは

最高級品質の革であるコードバンはとても希少価値が高い革であり、繊維が緻密で耐久性が高く、 感触もしっとりなめらかで経年変化が楽しめると人気を集めています。

コードバンの素材は主にヨーロッパで食肉用として飼育されている馬から取られている革で、 食肉用の馬は数が限られていることもありコードバンに使われる革も少ないのです。

コードバンはプロの職人の間でも鏡などとも呼ばれるほど繊維密度がとても高く丈夫な素材と言われているのです。 実際にその強度は牛革の3倍にもなりコードバン製品は傷や汚れ、シミなどにも強いと評判を呼んでいます。

コードバンはこんな人におすすめ

コードバンを使った長財布はお値段もそれなりなのですが、一生使うこともできるため とても価値が高くコスパが良いと思います。

丈夫な革ですし滅多なことでは壊れたり傷がついたりしないことが特徴的です。 よく財布を粗末に使ってしまう人、汚しやすい人、傷が気になってなかなか革製品を使えない人に向いています。

そして何よりコードバンの特徴には綺麗な光沢感と滑らかな手触りが心地よいので、 手触り重視な方にもおすすめです。 購入時の高級感を感じたい方にも是非コードバンをおすすめします。

ジョージブライドル

ココマイスターの中でもブライドルレザー製で人気のブライドルグランドウォレットを更にグレードアップさせたジョージブライドルが注目されています。

更に重厚で高級感あふれる素材なのですが、ビジネスシーンでも活用できるため男性に人気があります。 そんな長い歴史を持ったジョージブライドルについて調査してみました。

ジョージブライドルロイヤルウォレットの魅力

ジョージブライドルのレザーは強度と光沢を高める為に皮革をロウ漬けにして加工して 作られていることが特徴的です。

始めて買った時はこのブライドルレザーはしばらくロウが表面に浮き出ている状態なのですが、 このブルームは使用していくうちにいつの間にか無くなっていくのでその変化も楽しめると思います。

使い込めば使い込むほど鮮やかな光沢を出すブライドルレザーの魅力はここにあると思います。 そしてお財布自体も容量が大きくビジネスシーンでも使い勝手が良いので男性から人気の長財布なのです。

ビジネスシーンでも

ジョージブライドの長財布の内装は外装と同様カラーのブライドルレザーが使用されているので、 財布を開いた時に統一感があり高級感に溢れています。 この財布を持ち歩くことで見栄えも良いのでステイタスも上がると思います。

そんな気持ちしてくれるこの長財布は、やはりビジネスシーンで使うことがおすすめです。 普段使いでも良いのですが、できる男と見られたいアナタはビジネスの場で是非活用してみてください。

ジョージブライドルロイヤルウォレットのお手入れに必要なもの

ジョージブライドルの革素材はどのようなお手入れが必要なのでしょうか? ブライドルレザーの表面には白い粉であるブルームがあるため見た目はとても上品な長財布です。
そんなジョージブライドルの扱い方について調べてみました。

革製品の中でも特にお手入れ回数が少ないと言われるジョージブライドルですが、 長く愛用していくためには半年に1回はメンテナンスを行いましょう。 やはりお手入れが少なくて済むジョージブライドルでも半年もすれば皮膜のような汚れも目立ってきてしまいます。

中でもジョージブライドルの人気商品であるジョージブライドルロイヤルウォレットのメンテナンスでは、 1909シュプリームクリームデラックスというメンテナンスグッズが役立ちます。 保革クリームなので革の乾燥を防ぎ汚れ防止に最適なアイテムなのです。

保革効果や革への栄養効果、更に革に柔軟性も与えるため革を柔らかく美しく保つことが出来ます。

お手入れ方法

では実際のお手入れ方法ですが、ポリッシングクロスという革専用のアイテムで財布全体を軽く拭きとり 、コロニルシュプリームクリームを塗っていきます。 あまり丁寧に行う必要はなく、ささっと全体にクリームを広げるだけで大丈夫です。

5分ほどで全体が乾くのでそのまま内側にも塗っていきましょう。 ジョージブライドルロイヤルウォレットの場合、内側もブライドルレザーを使用しているので クリーム塗っても変色しません。 そして雨の日は防水スプレーをかけるなどすれば自分でも簡単にメンテナンスを行えます。

マルティーニ

普段使い用としてココマイスターの商品であるマルティーニ アーバンウォレットは注目を浴びています。 カラー展開もいくつかありますが、その中でもオールドブラックはおとなしい色合いでかっこよく持てます。

革の手触り感も評判でとても気持ちが良く、カードや小銭の収納もできるので便利性でも評価が高いのです。 デートの時でもささっと取り出せるため、お会計の時にもたもたしなくて済みますね。

ナポレオンカーフ

ナポレオンカーフはイタリア産の牛革でとても高級感があります。 生後6ヶ月以内の子牛の革であるカーフを使用しているのでとても希少価値の高い牛革です。 そんなナポレオンカーフについていろいろと調査してみました。

ナポレオンカーフの特徴

ナポレオンカーフは豊富なオイルを含んだ皮革であり、革独特のオイルの匂いが強いところも特徴的です。 しかしその手触りはしっとりと人の手に吸いつくような質感で、他の牛革では 決して味わう事の出来ない感触に魅了されます。

大きな特徴は起毛立った表面とオイリーな革質であり、特に男性からとても人気の高いレザーでもあるのです。 また革独特の経年変化が早いということもあり、他の牛革と比べてとても早く革の変化を楽しめるのも特徴的です。

そんなレザー愛好家にはたまらないナポレオンカーフが実際にココマイスターの商品に使われているのです。

ナポレオンカーフが人気の理由とは?

実際にナポレオンカーフを取り扱っているのは日本ではココマイスターだけになるので とても特別感があると思います。

革には様々な種類があるのですが、希少価値の高いナポレオンカーフを手に入れたい方は ココマイスターの長財布などを見てみてください。

同じ牛革でも肌触りや匂い、質感がまったく違うので特別な人へのプレゼントや 記念日の贈り物にピッタリでしょう。

また経年変化が著しいので日に日に質感や色、風合いが変わってくるため観察していても楽しめると思います。

ナポレオンカーフのお手入れ法

ナポレオンカーフは汚れや傷が付いてもそれがまた商品としての魅力になるという不思議な天然革です。 オフシーンでも気兼ねなく使用できるためビンテージ化をしていくと更に魅力がアップします。 そんなナポレオンカーフを長く愛用するためのメンテナンス法をご紹介します。

ナポレオンカーフとは性質的に起毛しているので、傷や汚れが付きやすいというデメリットがあります。 ですからこの素材を使用した長財布も起毛しているため、汚れが目立ってしまうこともあります。

このことからナポレオンカーフを使用した商品は普段からしっかりお手入れをすることが大事なのです。 その汚れた表面を軽くブラシなどでこすって落とすだけでも汚れが落ち見栄えが違います。

しかし性質上水には強くないので水に濡れてしまうと返ってシミになりやすいので、 水などをつけてメンテナンスをすることは避けてください。 梅雨の時期や雨の日などは防水スプレーをして出かけることをおすすめします。

ナポレオンカーフは経年変化が早い

ナポレオンカーフは実際に今の日本では流通は少ない革なので大変希少価値の高い皮革です。 その特徴にはサンドペーパーで加工をしていくことで起毛させるので他の革には無い特別な質感を出すのです。

そしてオイルが豊富に含まれている革製品は基本的に経年変化が目立つ商品が多いのですが、 このナポレオンカーフもそんなオイルが一番多く含まれています。

ですから3か月〜半年ほどで他の皮革と比較して約5年〜10年分の経年変化を起こすと言われています。 またオイルの酸化で全体の色の変化も変わるので普段から通気性の良い場所に保管しておくと良いと思います。

ブライドルレザー

ブライドルレザーの長財布はココマイスターの商品の中でも少し大人の色気がある皮革の財布です。 そんな男性から注目を浴びる今注目のブライドルレザーとは一体どんなものなのでしょうか? ここではココマイスターのブライドルレザーをご紹介します。

人気のブライドルレザーとは?

ココマイスターの財布には外側も内側も全てブライドルレザーで作られた高級感あふれる財布が 豊富に揃っています。

ココマイスターの中でもブライドルレザータイプの長財布が一番人気で売れているようです。 長財布が今人気を集めていますが、特にラウンドファスナーは使い勝手も良く男性にも人気なのだそうです。 ブライドルレザーはロウが吹き出ている皮革表面が特徴的なのですが、見た目もとても高級感を感じられます。

表面だけでなく中身もヌメ革で1つ1つの部分にこだわって作られているのです。 ブライドルレザーでもカードポケットも多いデザインのお財布もあるので便利に使えると思います。

ココマイスターのブライドルレザーの特徴

ブライドルレザーの購入後に財布の革の表面に白っぽい粉が吹き出てくる場合があります。 しかしホコリのようなこの白い粉は、実は革を加工した時に使ったロウが革の内側から 染み出てきているものなので決して不良品ではありません。

数ある商品の中でもブライドルインペリアルウォレットの表面につく白いブルームは目立つと言われていますが、 あまり気にせず毎日財布を続けているとブルームが革の繊維と徐々に馴染んで消えていくので安心してください。

ブライドルレザーってどんな革?

ブライドルレザーの特徴に浮き出てきたブルームと呼ばれる白い粉があるのですが、 これを乾拭きしたり使っていくうちに取れてなくなってきます。

最初はゴミや汚れと勘違いする方も多いのですが、これはブライドルレザー特有のものなので知っておきましょう。

しかし始めはこのブルームが気になりなかなか購入に踏み切れないという人もいるようです。 革の表面に白く浮き出てしまっているブルームは実際には本物のブライドルレザーの証でもあるのです。

加工時に使われるロウを染み込ませた際に発生するものですが、革製品は基本的に水に濡れてしまうと カビや傷みになりやすい性質があるので耐水性が高いとポイントが高いですね。

ブライドルレザーの財布は頑丈?

ココマイスターの財布で特に人気の高いブライドルレザーですが、耐久性が高いことでも注目されています。 高級感もあり尚且つ耐久性が優れているのですから長く使って行けそうです。

元々ココマイスターで使われているブライドルレザーは、強度が必要な馬具などに使われていた革を使用しています。 そのため革質はとても強く耐久性・耐水性に優れており、多少の汚れは滅多につきません。

そんな強い革を作る工程でライドルレザーは大きな手間とコストのかけて作られているのです。 その中でも革をロウ漬けにして繊維質を引き締める作業があるのですが、それが財布表面につく白い粉なのです。

購入した時はロウの粉が財布に残っている状態なのですが、時間が経てば自然と取れていくので、 ピカピカのツヤを持った財布に徐々に変化していきます。

ですからビジネスシーンでも普段使いとしても高級感を感じられるお財布でもあります。

水にも強いブライドルレザーとは

長財布を購入したからには一生涯使い続けられるもの、水にも強く丈夫で長持ちする財布が良いですよね。 ココマイスターのブライドルレザーシリーズの長財布は特に強度・耐水性が抜群なのでおすすめです。

本来革素材のものは水に弱い性質を持つのですが、ココマイスターのブライドルレザーは 耐水性に優れているので、多少水に濡れても大丈夫なのです。 しかし水に濡れたからと言って何もしないのではなく、しっかり乾かすこと、防水スプレーの使用は 重要となってきます。

ブライドルレザーの扱い方

ココマイスターで使用されている革財布の原材料はヨーロッパ製の高級天然皮革です。 それを熟練の職人の手によって仕上げられた製品だからこそ、日々気を付けなくてはならないことや メンテナンスもしっかり行う必要がありそうです。

そんな中でもブライドルレザーの弱点や注意点に着目してみました。 ブライドルレザーはワックス効果が十分に出るまでは、雨の日に持ち歩いたり 水周りでの扱い方に特に注意が必要です。 どうしても雨の日に使用したい場合には、皮革用の防水スプレーを使って保護しましょう。

その時ブルームを伸ばしてなじませるようにしてからスプレーをすることでムラを回避できます。 また革財布は使用していくうちに傷やしわができてしまうのですが、その革に合う保護クリームなどを 塗ることで耐久性が向上するので日々のお手入れに気を遣いましょう。

カードもしっかり入るココマイスターのブライドルレザー財布とは?

ココマイスターの中でもブライドルレザーを使った財布が人気なのですが、 その中でも薄い財布が便利だと購入される方が多いのです。

ブライドルレザーは初めのうちはとても硬いのですが、そのうち自分の手に馴染み、 色が濃くなっていく特色があります。 そしてカードとお札専用の二つ折り財布もあるので、カードが多すぎて困っている人にぴったりなのです。

二つ折り財布は長財布とは違い手のひらにフィットしやすく便利性も高いのです。 よくカードが多すぎてポケットがパンパンになっている方もいますが、実際に革を傷める 原因となるのであまりおすすめしません。 ですからこのようなカード専用の財布と使い分けることで革のダメージを防いでくれます。

カードが多めの方におすすめ!

財布は色んな形や素材、ブランドがあるのですがしっかりカード収納ができる財布を選んだ方が 良い点がいくつもあるのです。 実際にカードが多すぎてポケットに入りきらない程ギュウギュウに詰め込んでいる人はいませんか? ここではそんな使いやすいコマイスターの財布の魅力をご紹介します。

男性でもカードが多くて収納に困っているという方は多いと思うのです。 ココマイスターの財布には、そんな方のためにカードや小銭、お札専用の豊富な種類の財布が揃っています。

最近はクレジットカードをはじめ銀行カード、コンビニカード、ポイントカードなどありとあらゆるカードが多くなってきています。 このようなカードは日頃から持ち歩くことが多いと思いますが、普通の長財布にはカード収納が多くても8個〜10個ほどしかありません。

お財布を選ぶ際には自分が保有するカードの収納容量もしっかりチェックしてから購入してください。

ロゼクロコブレンターノ

ロゼクロコブレンターノは革の素材がキップレザーを使用した財布でありクロコダイル調の型押し財布です。 カーフに続いて革の質感はキメ細かくカーフより少し肉厚な印象です。 そんな高級革を使用した上品な長財布とは一体どんなものなのでしょうか?

ロゼクロコブレンターノの財布の特徴

ロゼクロコブレンターノはキップレザーにクロコダイル調の型押しをした財布で女性に人気があります。 財布にはエナメル加工を施し、上品な仕上がりとなっているのですがカジュアルスタイルでも持つことができます。

ロゼクロコブレンターノは、クロコダイル調の作りですが、クロコダイルは風水でも とても良いとされていることから、特に女性から人気が集まっています。 小銭入れにもしっかりとマチがあるので、収納もばっちりですし便利に使えるでしょう。

そして内側に使用されているのはヌメ革ではなく、オードリーカーフと呼ばれる革で全体が 上品な素材で作られています。

女性にも人気のロゼクロコブレンターノ

ココマイスターは男性向けの小物が揃っているイメージですが、最近ではレディースラインも 豊富で人気が出てきています。 上品でエレガントな印象の財布が多く、更に革の美しさや綺麗なエナメルコーティングがされている ロゼクロコブレンターノは注目を集めています。

この財布の特徴は柔らかい革素材にエナメルをコーティングしているので、 その技術は大変手間のかかるものだと言います。 更にデリケートな素材なのでプロの日本人職人の腕がなければ実現できない商品とも言われています。

女性に人気のロゼクロコブレンターノとは?

ロゼクロコブレンターノの外装はキップレザーと呼ばれる素材を活かし、 熟練の職人によってエナメルコーディングされひび割れが起きにくい美しい光沢感のある財布となっています。

クロコダイル調の大人な印象の財布ですが、その内装もとてもお洒落になっています。 最高級のイタリアンカーフであるオードリーカーフをたっぷりと使用し、 見た目以上に繊細で細かな作りとなっているのです。 まさにホンモノがふさわしい大人の女性に持ってもらいたい長財布です。

ロゼクロコブレンターノのお手入れ法

長財布の中でも女性に人気のロゼクロコブレンターノはクロコ型のエナメル素材をしています。 ラグジュアリー感溢れるデザインで、フェミニンスタイルやカジュアルスタイルに似合います。 そんな人気のロゼクロコブレンターノのメンテナンス法はどのようなものでしょうか?

ロゼクロコブレンターノはシンプルなデザインで更に高級感があるため作りもしっかりしているため 長く使えるため、日頃のメンテナンスが必要です。 カーフレザーを使用しているロゼクロコブレンターノは基本的に磨くと良いでしょう。

力いっぱいゴシゴシと強く磨くのではあなく、優しく磨いてあげることが大事なのです。 そしてロゼクロコブレンターノを持っている方は1枚あると便利に活用できる革専用のクロスがあると お手入れ法が楽になります。 もしもクロスが無い場合はメガネふきなどでも代用可能です。

マットーネ

人気の皮素材であるマットネレザーって一体どんな革なのでしょうか? 高級なお財布などで使われるマットネレザーはあまり聞きなれない名前だと思います。 そんなベールに包まれるマットネレザーの特徴や魅力をご紹介していきます。

マットーネとは

まずマットーネとはどんなレザーなのでしょうか。 主に生後6ヶ月以内の子牛の皮を使用して作られるレザーを指し、皮の中では最高級品として扱われ その素材も薄くて柔らかいのが特徴的です。 その皮を1000年以上の伝統に沿って作られるバケッタ製法で皮革職人が加工して作成していきます。

このバケッタ製法はタンニンなめし後の革に天然オイルをたっぷりと時間をかけてハンドメイドにより 作っていく加工方法の事を言います。 そしてガゼインと呼ばれる卵白を原料として使用して加工を行うことで、表皮にマットーネの特徴でもある 光沢やツヤが現れるのです。

マットーネの特徴

革の中でも特に柔らかく弾力性がある感触のマットーネですが、その表面には適度なシワがあり 独特の光沢感が魅力的です。 傷やシワ、血管、毛穴などの痕跡も残したまま作り出されるのでまさに天然皮革を目で楽しめます。

そしてマットーネは他の革にはない独特の素材感、革表面の厚いツヤの層をじっくり堪能できる高級革なのです。 豊富な天然オイルを塗り込んで作られているため、普段からしっかり使っていくことでオイルが循環し 品質を維持してくれると言われています。

この革はあまりお手入れの手間もいらないため、扱い方も比較的楽なのです。

マットーネはカジュアルの定番!

マットーネはイタリアで1000年も昔から使われる歴史が古い革素材ですが、 カジュアルな中にも上品さがある革です。 絶妙な光沢感と経年によるエイジングがたっぷり味わえる魅力があります。

マットーネはイタリアのトスカーナ地方で伝統的な皮革なのですが、表面に繊細な編み込みがされており、 カジュアルでも上品に持ちたい場面でも使えるのです。 マットーネの魅力でもある光沢感がお洒落ですし、カジュアルでも存在感があるお財布です。

自然なツヤを楽しめる財布

マットーネの革はイタリアのカーフが素材となっていて、柔らかい孔子の革を使用しています。 マットーネは革全体に沢山のオイルが染み込ませてあり、更に革の表面は卵白で磨いているので 新品の時点でも高級感あふれる光沢が楽しめます。

また更に使い込んでいけばエイジング効果によって、革表面の光沢感が増していくとも言われています。 そしてたっぷり染みこんだオイルはだんだんと革表面に出てくるので、財布自体が乾燥しにくく メンテナンスが楽というメリットもあるのです。

経年変化を楽しむならマットーネ

革製品はエイジングを楽しむことができるため多くの革愛好家が楽しんで使っています。 上品なアイテムになるほど高級素材を使用しますが、経年変化により更に深みが増していくため 時と共に楽しんでいけるのです。

経年変化は時が経つにつれシワが出てきてビンテージのように奥深さが出るため、革も柔らかくなっていくのです。 使い込むうちに自分だけの長財布に変わっていくので、革の中でもマットーネの長財布がおすすめです。

マットーネの特徴には天然革が本来持つ経年変化やシワをあえてそのまま残しながら作られるので、 特別な表面加工をしていません。 そして通常の本革よりも経年変化を楽しむことができるため、世界に同じ財布が存在しない 自分だけのお財布になるのです。

特に経年変化が目立ちやすい天然革を使用した財布は今男性の間でトレンドとなっており、 シンプルなデザインの長財布を求めている人が多いと言います。

新しいものが好きな人間の本能とは違い、古いアイテムが好まれるようになった理由には、 時と共に質の良い財布に変化していくことが背景にあるようです。 革製品は本来メンテナンスをする手間がかかりますが、あえて経年変化を楽しみたい方はそのまま 放っておく人もいるようです。

パラティーナ

数あるココマイスターの商品の中でもパティーナ長財布はファスナーもスナップも付いてない とてもシンプルな長財布です。 とてもスマートなデザインで、カードポケットが多めなのでビジネスシーンでもとても役立ちます。

しかも大きさもスーツのポケットに入ってしまうサイズ感なので気軽に持ち歩くことが出来ます。 カラーは色々ありますが特にチョコカラーが男性の間では人気のようです。 とても高級感がありシックなカラーなので、誰からでも質の高い財布だと判断してもらえるでしょう。

パティーナのメンテナンス法

パティーナは植物から抽出したタンニンと呼ばれる成分とオイルを加えたベジタブルタンニンレザー と呼ばれるヌメ革を指します。 ココマイスターではそんなパティーナを末永く使っていくための正しいメンテナンス法が大事なのです。 ここではパティーナの適切なメンテナンス法をご紹介します。

パティーナとは革の表面にほとんど加工がされていないので、水濡れによるシミなどが付きやすい 性質を持っています。 しかし使い込んでいくことで手の油や革から出される油によって自然の保護膜が現れ始めますが、 最初の状態ではヌメ革は少し汚れやすくなっているので購入した後はコロニルシュプリームクリームを 塗ることをおすすめします。

こうすることで汚れがつきにくくなりますし、水シミなどの汚れもクリームの油分のおかげで付きづらくなります。 そして更に神経質な方は防水スプレーを使用することで保護することもできます。

しかしヌメ革はこのような傷やシミが返って味になってくるのでそこまで神経質になってしまうと 経年加工が楽しみ辛くなってしまうこともあります。

ですがせっかく購入した大事なお財布ですから長く愛用していきたいので、やはり普段から ある程度の革財布のお手入れは大切なのです。 特にパイティーナは天然素材の柔らかい布などで優しく乾拭きすると良いとされています。

水に濡れてしまったら

パティーナを始め革製品は水と相性が良くないので、あまり雨の日は持ち歩かない方が良いのです。 しかしお財布は常に持ち歩くものなのでまずは正しいメンテナンスを覚えておきましょう。 もしもお財布が雨など水に濡れてしまったらまずは乾かすことが大事です。

そのまま放置してしまうと型崩れや色落ち、シミやカビ、ひび割れの原因になります。 また乾いた布で優しく拭き陰干しをして革がしっかり乾いた時点で革専用のクリームで保湿をすると良いでしょう。

ココマイスターとはどのようなものづくりのブランドか

ココマイスター

財布やカバンで人気を集めているココマイスターですが、実は日本職人の手作りなのです。 日本製の財布にこだわるココマイスターの魅力はどんな点なのでしょうか。 ここではココマイスターの長財布の魅力や日本職人芸をご紹介していきます。

ココマイスターは日本人職人の手作り品

ココマイスターは日本製にこだわって作られている財布やバッグを取り揃えており、 1つ1つ丁寧に手作りされています。

今の長財布の革製品は、日本のアパレルブランド企業は海外に委託して作っています。 しかしココマイスターの場合は日本製にこだわった職人による手作業によって 1つ1つの財布やバッグを作っているので安心です。

こだわりぬいたデザインを職人たちがオーダーメイドで作るため特別感があります。 また、革製品のため無料で永久保障をしてくれるところも最大のメリットでもあります。 ということは保障が永久なのでココマイスターのお財布は一生使い続けられるということです。

欠品が増加している?!

ココマイスターはとても人気があり、更に職人の手で一個一個作られているので どうしても品薄、在庫切れが多いというデメリットも発生します。 この理由はすべて職人による手作りであることが挙げられ生産自体がオーダーに追いつかない という現状もあるようです。

ココマイスターファンは何度も再販売開始の時に購入しようと今か今かと待っているような人もいるようです。 いつもすぐに完売となってしまう長財布やコインケースなどは入手困難になるため、 それだけ希少価値のあるブランドでもあります。

ココマイスターのロゴの意味は?

ココマイスターのブランドロゴはあまり目立たないことで有名ですが、実際は馬に乗り優雅に駆ける 貴婦人の姿が描かれています。

ココマイスターに刻印されているオリジナルロゴマークですが、男性の間ではロゴマークが主張しすぎず 目立たなくて良いと言われています。 そんなシンプルなデザインを売り出すココマイスターのブランドロゴに着目してみました。

あまりブランドロゴが目立たないココマイスターのロゴですが、ロゴの由来は馬や馬車での移動が普通だった時代、 貴族たちも馬具を購入したり馬に乗って生活を送っていました。

ココマイスターのブランドロゴは馬に乗り優雅に駆ける貴婦人が描かれているのですが、 紳士に寄り添う貴婦人の姿を描いているとも言われています。

ブライドルシリーズがココマイスターを購入されたオーナーにとって永遠に良き相棒であってほしいという 想いを込めてこのロゴマークになったとされています。

最愛のパートナーであり、ブライドルが重宝された馬具に焦点を当て、白馬に乗って駆ける貴婦人の姿を ブランドのロゴマークとして誕生させたとされているようです。

シンプルなデザインの特徴

ココマイスターの財布はシンプルなデザインでありロゴも主張せず落ち着いた雰囲気の商品が揃っています。 ですのであまり派手すぎず落ち着いた物を持ちたいという男性にピッタリな財布が豊富なのです。

実際にロゴを印刷したサイズサンプルでロゴのサイズを選び実際に革に刻印すると違ってしまうことがあり イメージとは正反対のものになってしまうことも。 それを防ぐため商品になる革に押す前に別の革に押すなど繰り返しこのような 丁寧で想いの込もった商品を生み出しているのです。

ココマイスターの天然皮の魅力とは?

ココマイスターの商品は皮革製品の専門店でありそのほとんどが天然革で作られた商品です。 皮革は本来動物の皮をそのまま使用する状態のもので、ココマイスターの製品のほとんどは 欧州から取り寄せた天然皮革が使用されていると言います。

そんな天然革にこだわったココマイスターの魅力をご紹介します。 コマイスターは革の素材が好きな方、天然革にこだわった方に向けたブランドです。 天然革は使えば使い込むほど味が出てくるので革製品の魅力を発揮し高級感もあります。

ココマイスターのもう1つの魅力には、熟練した職人のハンドメイドによって作られた革財布という点でしょう。 財布以外にもカバンや名刺入れ、バッグなども作っているココマイスターですが、 やはりその中でも天然革の財布が圧倒的に人気です。

経験を積んだ職人達のプロの手によってひとつひとつ丁寧に仕上げる財布が魅力的なのです。

使えば使いこむほど味が出る

革製品が好きな愛好家にとって天然皮革の魅力はやはり使い込めば使い込むほど魅力が出てくる 経年変化ではないでしょうか。

購入時にはみんな同じ素材、同じ風合いですが一人ひとりの使い方によって天然皮革はその人だけの お財布になってきます。

そして天然革は人口皮革と異なり素材自体に個体差があるので、同じ行程で同じようなデザインで 制作されても使う革の部位によって見た目も変わり個性が誕生してくる点も面白いと思います。

男性の魅力を引き立ててくれる財布づくり

ココマイスターの男性用の長財布は持っているだけでできる男という印象です。 仕事ができる男、スーツでしっかりきめた紳士などさり気なく持つことでとてもかっこいい男性になると思います。

そして何よりココマイスターの長財布は、使い込むことで更に味が出てくる商品なので一生大切に使って行ける メリットがあります。

店舗購入以外でもネットで再販売をしている場合もありますが、人気がありすぎて数分であっという間に 完売ということも。

職人がハンドメイドで作っているため希少価値が高い革財布でもあるのです。 そんなできる男の証にワンランク上の最高級のココマイスターの長財布は最も注目を集めているのです。

シンプルイズベスト

ビジネスシーンやプライベートシーンでも使えるココマイスターの長財布ですが、 持っているだけで人目を引く高級感ある革財布です。

シンプルなデザインのマットーネラージウォレットを始め、男性には嬉しいシンプルなデザインの 長財布が揃っています。

スタイリッシュなデザインのものはビジネスシーンで使うことでスーツにもよく似合いますし、 仕事ができる男として見られることも。 しかしあまりきっちりしすぎていないのでカジュアルスタイルにも合いますよ。

年数が経つほど楽しみな長財布

人は何でも新品で綺麗なものに憧れますが、使っていくほどに味が出る皮素材はその反対の魅力を持っています。

ココマイスターはあえて傷を生かす方法で革のデザインを楽しむような商品がたくさん揃っています。 使っていくうちに自分の手に馴染み自分だけの財布に変化を遂げて行くので見ているだけで楽しいと思います。

手で触ることで革の質の良さ、肌触りの良さも実感できるのでレザー愛好家にとってはたまらないと思います。 傷もシワも味になる自分だけの財布を1つ持っているだけでとても魅力的だと思うのです。 使うほど手の脂が染み込みツヤも増すので革の長財布は時間とともに愛着も湧いてくると言われています。

経年変化が楽しめるココマイスターのレザー

ココマイスターの財布は革の個性をより生かす形で仕上げているので、使い込むほどに味わいが出る エイジングという魅力を楽しめます。

マルティーニクラブウォレットバケッタ製法と言われている昔ながらの製法技術を取り入れており、 オイルが豊富に革に含まれているため、 感触はしっとりと手に馴染む質感がとても人気があるのです。

植物タンニン100%を使用してなめし染料仕上げをしているので、使い込むほどに綺麗なかっこいい 経年変化を味わえます。

革財布はなぜ手に馴染む?

革財布は長く使っているうちにだんだん柔らかくなって手にフィットしやすくなり、また買った時とは違う色合いに変化してきます。 しかし汚れが付着したり傷が増えたりしているのではなく、革財布の魅力の一つである経年変化なのです。

物というのは使えば使うほど劣化して使えなくなってしまうのですが、革財布の場合は使っていくほど柔らかくなり手に馴染んでくるので時の変化を楽しむことができるのです。

革財布が馴染んでくる時期とは

では実際にどれくらいの期間で経年変化が訪れるのでしょうか。 それは革財布に使用される革の種類によって異なりますが、だいたい手に馴染んでくる期間はおよそ1ヶ月〜2ヶ月になると言います。

そして1年〜2年ほど経てば革も柔らかくなり自分だけのオリジナルのお財布が出来上がっている頃でしょう。 その中でも特に度愛着が高いと言われるイタリアンオイルレザーは、持てばその質感の良さと高級感に圧倒されると言います。

この素材も長く持ち続けることで艶や味が出てくるので革独特の味わいを実感できるのです。 生きた革の良さを十分に楽しみたいのなら経年変化が割と早いレザーもあるので検討してみてください。

普段使い用でも人気な長財布とは

普段使いとビジネスシーンで財布を使い分けている人もいますが、いちいち中身を入れ替えたりするのは 面倒ですよね。

しかしココマイスターの長財布なら普段使い用とビジネス用どちらも兼用できるデザインがあります。 自分が普段から使いやすい財布を厳選すれば失敗しない財布選びができると思います。

ビジネス以外でも普段使いとして使っていきたい財布を選ぶ時にはいくつかチェックする項目があります。 できるだけ高いものではないけれど品質がしっかりしているものです。 最近では男性の間でも長財布が人気なのですが、その理由には長財布はたっぷりゆとりがあり、 たくさんのお札や小銭、カード類が入ることです。

収納もしっかりされているので整理整頓もしっかりできますし、お会計の際でもスマートに対応できるのです。

特にココマイスターの長財布は普段使い用としても向いている、スリムでしっかりとした革を使用した シンプルなお財布が多いのです。 ビジネスシーンでも見栄えしますが、普段使いとして持ち歩いている男性も沢山いるようです。

ココマイスターの永久保証内容とは?

ココマイスターには永年保証制度というサービスがあります。 こちらの制度は財布を購入後に過失以外で商品の修理が必要な場合に永久的に無料で修理してくれるという 嬉しいサービスなのです。 そんなココマイスターの便利に活用できる永年保証制度について調べてみました。

ココマイスターの商品のほとんどが天然の高級革を使用していますが、使い込むたびに エイジング効果が現れるため、人によっては一生使えるものとなります。 これは革独特の楽しみ方である、使うたびに変化する経年変化を前提に商品が作られているからです。

通常の革製品のように大量生産されていない希少価値の高い商品だからこそ、ココマイスターユーザーにより 便利に安心して使用してもらうための制度が永久保証なのです。 またココマイスター愛用者にとって永久保証があるからこそ安心して商品を購入することができると言います。 そんな永久保証とは一体どんな内容なのでしょうか。

ココマイスターで永久保証を受けるためには、商品購入をした際に無料会員制度のココクラブに入ることから 始めます。 入会料や年会費などは一切かからないため安心して利用できるのです。

例えば財布を使っているうちにファスナーの金具が壊れてしまったり、チャームが外れてしまった、 糸が出てきてしまったなどのトラブルを無料で永久的に直してもらえるのです。 安心して商品を使っていくためにもぜひココクラブに加入しておきたいものです。

ココマイスターの長財布のメンテナンス方法について

財布メンテ

ココマイスターで使用している革は高品質ですから、お手入れ方法によってそのよさやもちが断然違ってきます。長く愛着を持って使用していくためにも、お手入れの方法は知っておいて損はありません。ぜひ参考になさってください。

革製品は毎日のお手入れが理想的

革製品は数多くありますがメジャーアイテムの中に革財布があります。 革製品のお手入れはとても大変なイメージがありますが、実際にどうすることで 革財布を長持ちさせることができるのでしょうか。 そこで革財布を長持ちさせるためのケア方法に注目して調べてみました。

革財布を使用している場合はなるべく簡単でもいいので、毎日お手入れすることが大事なのです。 お手入れと言っても天然素材などの柔らかい布を使用して軽く乾拭きするだけで良いのです。 乾拭きをする時は革財布の表面にくっついている埃を落とすようにすると、光沢感のある革になります。

乾拭きを行う時はなるべく力はいれず、優しく拭いてあげる感覚で大丈夫です。 あまりにもゴシゴシと力みすぎてしまうと、残っている埃を更に表面に擦り付けてしまうので 新たな傷を作る原因になるのです。

例えばめがね拭きのような柔らかい布や、男性用の綿を使った肌着などを利用して使ってあげても良いでしょう。

革製品が汚れたら

革製品を長持ちさせたい場合は人の肌と同じように優しく丁寧に扱うことが重要だと思います。 間違ったメンテナンス法をすることで逆にシミになったり、傷になったり更に汚れがひどくなったり することもあるので注意が必要です。

人が毎日顔や体を洗うように、革製品もその日の汚れはその日のうちに綺麗にすることが大事なのです。 例えばほこりは乾いた布で丁寧に拭き取り、泥がついてしまったら軽く水で濡らして しっかり絞った布でたたくように拭くと良いでしょう。

ココマイスターの財布は一生もの?

ココマイスターの長財布は上手に使用していけば長く使い続けることができる質の良い素材で作られています。 そのためココマイスターの長財布はしっかりメンテナンスをすることが重要になってきます。 そんなココマイスターの財布はどれくらい使い続けられるのでしょうか?

ココマイスターの長財布は何十年、あるいは永久的にも使用できるものとして永久保証というサービスがあります。 内容としてはココマイスターで売られている皮革商品の修理や修繕を永久的に行ってくれるというもの。

ココマイスターで買った商品ならば期限関係なく永久に修理をしてもらえるのでとても有難く 便利なサービスなのです。 例えば使っている財布のファスナーが壊れてしまった時や財布の金具が外れてしまったなど 不良が出た際に利用できます。

このように長く使い続けられる財布だからこそ、しっかりメンテナンスサービスを上手く活用すれば 一生使えるお財布になります。 メンテナンスはココマイスターの商品を知り尽くしたプロの職人さんが行ってくれるので安心ですよ。

日頃のメンテナンスも必要

革製品はどの革の種類を使用するかでその強度やエイジング後の質感も変わってくると言います。 ココマイスターで購入した革財布は基本的に永久的に使えるような仕様となっているのですが、 使い続ければ続けるほど味が増してきます。

天然革へのこだわりをもって作られたココマイスターの商品が男性に人気があるワケの1つなのです。 そしてココマイスターの永久保証を利用しても良いのですが、自分である程度日頃から メンテナンスを行うのも大事です。

少し荒い扱いをしても革が破れたりすることはありませんが、革は汚れやすく水に弱いものなので 毎日拭き取りを行いましょう。

汚れやカビの予防策

天然皮の財布はやはり使っているうちに汚れやカビが出てきてしまいます。 色んな方法で菌やカビを予防して普段からできるだけ革のお手入れをした方が長く使っていくことができます。 ここではそんな高価な天然皮についた汚れのメンテナンス法をご紹介します。

タンパク質でできている天然皮革は、特別な性質を持っているので水と湿気に非常に弱い性質なのです。 そしてすぐに傷んでしまい長く使えなくなる危険性もあるのです。 ですから普段からカバンから出すなどして風通しの良い場所に保管したり、 湿気やゴミ、ホコリを取り除く作業が大切です。

そして天然革専用クリームを塗ってお手入れをする方法もあります。 このクリームを塗ることで革のヒビ割れや乾燥を防ぐことができるのです。 また雨予防に防水スプレーをすることで、梅雨時期の湿気や雨から革を守ることができます。

ヌメ革の汚れの除去方法

ココマイスターの財布の内側にはヌメ革と呼ばれる革を使っているものが多いのですが、 このヌメ革は実際に汚れが目立ってしまうというデメリットがあるのです。 特に汚れが多いとされる小銭入れの内側は小銭自体の汚れが大半で、 あとはホコリなどの汚れが目立ってしまうと言います。

ココマイスターはこのような汚れをメンテナンスする専用の商品も売っているので、 汚れ落としや、保湿クリーム、防水剤などあらゆる財布の汚れをケアする方法があります。 ヌメ革には専用のクリーナーを使うとある程度小銭の黒ずみなども落としてくれるので便利ですよ。

防水材の正しい選び方

本革を使用した財布は特に水から守ってあげなくてはいけません。 しわや汚れは経年変化と言って楽しめるものですが、水による汚れはただの汚れになってしまい財布の寿命を短くしてしまうのです。 そんなダメージを防ぐためにも防水効果のあるアイテムの選び方をご紹介します。

革の防水を行う際に選ぶアイテムは通気性に優れたフッ素による防水が一番良いとされています。 フッ素により繊維の一つ一つをコーティングしていき水や油を弾くことが出来るので1つは持っておきたい アイテムなのです。

しかし防水スプレーやクリームを使う時は必ず革財布をブラッシングしたり、乾拭きをしてから行わなければ なりません。 財布自体に汚れのない状態で使いはじめ、汚れがある財布は汚れごと一緒にコーティングしていきましょう。

また防水スプレーの使い過ぎにも注意が必要で、あまり使い過ぎてしまうと革が目詰りを起こし 通気性を妨げてしまうので注意が必要です。

防水材の使い方

本革を使っている財布は特に雨や水などの水分がシミになりやすい性質を持っているので気を付けて 扱わなくてはなりません。 防水予防をしていない新品の財布をそのまま使い続けていて、突然の雨や水などが財布についてしまうと 水シミとして残ってしまうのです。

ですので革財布を購入したらますは防水スプレーをするように心がけてください。 しかし初めに防水スプレーが必要でない革財布もあるので、よく分からない場合はお店の店員さんに 相談すると良いと思います。

高級感を与えるためのツヤ出し

天然革は時が経つにつれ自然とツヤが出てくると言います。 しかしツヤ出しアイテムを使用することで更に革に潤いやツヤを与え味のある財布へと変化させます。

ココマイスターの製品以外にも革ケアクリームがあり、自然なツヤが出るため財布が生き生きと見えるのです。 ツヤ出し効果を十分に実感したいのなら保湿力が含んでいる艶出しアイテムを選ぶと良いでしょう。

またココマイスターで扱っている革商品は染料仕上げと呼ばれる方法で作られている商品が多いため、 皮革表面にメイクをしていないからこそ他の革製品よりも保湿が必要になります。 革財布にはシュプリームクリームでメンテナンスしている方が多いようです。

メンテナンス不要の財布がある?

ココマイスターの長財布にはメンテナンスがいらない製品もあるのでしょうか? やはり本革製品を長く使うためにも丁寧なお手入れが欠かせません。 実際にお手入れが不要と言われているココマイスターの革財布は本当にメンテナンスフリーなのか調査してみました。

ココマイスターの商品の中でも人気のナポレオンカーフはイタリア産のオイルドヌバックが使われた 高級な革になります。 製法としては、やすりと似ている道具で革の表面を起毛させ、最終的にオイルを染み込ませて独特な しっとりとした感触の革に出来上がります。

少し革の肌触りが柔らかすぎるので自分の爪などでひっかいて傷になるのででは?と思う人もいると思います。 ですがこのナポレオンカーフの場合、ほとんどメンテナンスフリーで使用できる便利なレザーとなっています。

またコードバンと呼ばれるレザーも表面にガラス調のコーティングが施されているため本来水に弱い革ですが、 こちらは水にとても強く、こちらもクリームなどのメンテナンスはいりません。 軽い汚れも柔らかい布地でクルクルと円を描くように優しく乾拭きとるだけで良いので手軽に持つことが出来ます。

本当にメンテナンス不要なのか

革財布でもメンテナンス不要と書かれているものもあり、そのような財布は ほとんど革にたっぷりとオイルを塗り込んであるからです。

通常の革は使用していくうちにオイルが抜けて無くなってしまうので定期的なメンテナンスが必要ですが、 このようにメンテナンス不要との表示がついている財布は、毎日使用していくことが 何よりのメンテナンスになるのだそうです。 しかし気になる方は時々ホコリやすすを払ってあげるとより長持ちする財布になっていくでしょう。

ココマイスターの長財布の正しい使い方について

使い方

革財布は正しく使っていくことによって長く使い続けることができます。その間に独特のつやを増したり、どんどん味のある自分好みの財布に育てることができますから、長く楽しむために知っておいた方がよい正しい使い方、特に「しない方が良いこと」についても参考になさってください。

お尻ポケットに財布を入れると傷みやすい?

お財布は好みのデザインの物を購入したいと思いますが、同時に使いやすさも検討しながら 購入しなくてはなりません。 またお財布の使い方一つでもそのお財布の寿命が決まってくるのです。 せっかく購入した大事なお財布を長持ちさせるためにやってはいけない使い方などをご紹介します。

お財布を購入する時は誰しも長く愛用したいと思うはずです。 しかし革財布は特に使い方一つでその寿命が短くなってしまう事をご存知でしたか? 例えば男性がよくやってしまう行動としてお財布を後ろの尻ポケットに入れて持ち歩くことです。

そうするとズボンとお財布が摩擦によって激しく損傷してしまうことになりかねません。 また後ろポケットに収納することで地面に座ったときに擦ってしまったりすることで 財布の一部が変色してしまったり傷がついてしまうのです。

またカードの跡がついてしまい、せっかくのお財布が台無しになることも。 そしてよくお財布の中でも損傷が多い部分としては角の傷みです。 ココマイスターの長財布に限らず、やはり後ろポケットに収納して持ち歩いている方は要注意かもしれません。

小銭やレシートが多いと傷みやすい?

毎日買い物をしている人は財布の中に自然とレシートがどんどん溜まってしまいませんか? そして小銭でパンパンになってしまった財布は実際に革製品の財布にとって良くありません。

小銭がパンパンに入っていることで革財布が全体的に傷みやすくなってしまいますし、 黒い汚れがびっしりついてしまうので注意しましょう。

小銭が多い長財布が痛む理由とは

最近では長財布と小銭入れを分けて使用している人も多いと言われています。 小銭入れを使うことで大きな財布をわざわざ取り出す面倒もなくなりますし、 財布の革も傷みにくくなるメリットがあるようです。 そこで小銭入れと長財布を併用することで革財布の損傷を守る役割について調べてみました。

男性・女性関係なく財布の中身がカードや小銭でパンパンになってしまっている方が多いと思います。 しかしこのような使い方はせっかくの革財布の傷みや劣化に繋がるので出来れば見直した方が良いと言います。

カードや小銭を詰め過ぎることで、革が伸びてしまい、ヒビ割れやシワ、キズが付きやすくなる要因となります。 そして更にパンパンに膨れた財布は、傷みがどんどん増えていき、見た目も不格好になってしまうのです。

そうならないために普段からあまり持ち歩かないカード類は抜き取り、小銭入れを併用するなどして対策を取りましょう。

財布は使い分けが重要?

財布は1つに絞りたいという人も多いと思いますが、普段からカードや小銭で財布がいっぱいになる方は 要注意です。 それに加え革の手入れをあまり行っていない人は1年も経たないうちに、 革の劣化が進み取り返しのつかないことになります。

しかし乾燥などは普段財布を使っていると手の脂によって予防してくれるので頻繁に 手入れをすることもないのですが、季節の代わり目などにはしっかりメンテナンスを行いましょう。

もしもカードや小銭でパンパンになっている財布を使用している方、本革の手入れをしていない方、 財布をお尻ポケットにしまっている方は特に注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
ココマイスターの長財布が、男性へのプレゼントとして最適である理由がご理解いただけましたか?
最後に、実際にココマイスターの長財布を選ぶときに、どのように選んでいったらいいのかをわかりやすくまとめてあるこちらのサイトをご紹介します。
おすすめ
>>>ココマイスター調査隊〜口コミで人気の財布。評価・評判はどう?

●革の種類で探す
●年代別で探す
●予算で探す
●形状で選ぶ
●シーンで選ぶ
といった、カテゴリーに分かれているので、どのように選んだらよいのかがわかりやすいのでおすすめですよ。